D-Man’s Diary 14 Dec 2017: イギリスのクリスマスと静けさ

日本では、クリスマス・イブが人気ですよね。イギリスでは、12月25日のクリスマスの日がもっと大切なのです。その次の26日は、ボクシングデーといって、プレゼントを寄付する日なのです。もちろん、26日も祝日になります。

日本では、あらゆるお店やデパートなどが、クリスマスの時期は遅くまで営業し、若い人たちが盛り上がっていますよね。恋人たちがデートしたり・・・

ところが、イギリスで賑やかなのは、24日のイブの日までです。25日、26日は、ひとりでも人を通りでみることはありません。なぜならば、みんな家の中で家族とクリスマスを祝っているからなのです。

ロンドンでも25日はすべての店が閉まり、地下鉄、バスなども休止します。なので、出かけたくても出かけられないのです。日本のお正月も、昔はそうだったそうですが、今は、コンビニもイオンもありますから、お正月は賑やかになっていますね。イギリスでは、クリスマスの日は、いまだに静かですよ。だから、太るんです。

 

D-Mans Diary 13 Dec 2017:カーナビ―・ストリートのクリスマス

ロンドンの表参道のような、いちばん賑やかな通りは、オックスフォードストリートですが、そこから南の方へくだると、バーバーリーの本店やハムレーズのおもちゃ屋さんなどがある、リージェントストリートがあります。

このリージェントストリートはローマ時代を思い出させる、グルーと曲がった道で、ブランドのお店などが軒を連ねる有名な通りです。そこからちょっと中に入ると、ちょっとおしゃれな小道に入り、そこをカーナビ―・ストリートといいます。

クリスマスになると、オックスフォード・ストリートは道一杯にクリスマスツリーやイルミネーションが飾られるのですが、ここカーナビ―ストリートも負けてはいません

カーナビ―・ストリートには、ちょっとロンドンっ子ぽい、お店や洋服のブランドがあります。ドクター・マーチンなども有名ですね。いまごろ、クリスマスできっと盛り上がっているところでしょう。

 

D-Man’s Diary: 12 Dec 2017 英国国教会とカンタベリー

イギリスの宗教は英国国教会といい、プロテスタントのひとつです。わたくしも、もちろん英国国教会です。いちおう、英国人ですからね。

でもイギリス人の宗教は、日本人の神道や仏教の様に、まあ、冠婚葬祭の時だけ、大活躍しますけどね。

中世の英国王ヘンリー8世が離婚がしたくて、当時のカトリックに反発し、自分の為の宗教としてつくったものが、英国国教会である、という話は、有名ですね。

英国国教会の本願寺は、ウェストミンスター寺院のような気がするのですが、実は、カンタベリー大聖堂なのですね。ですので、英国国教会の一番のトップの方は、カンタベリー大主教(vicar)なのですね。カンタベリーはロンドン郊外のケントという町にあります。

ちなみに、このカンタベリー大聖堂には、十字軍で活躍したブラックプリンスのお墓もあるのです。

D-Man’s Diary: 9 Dec 2017: 年金手帳

先日ポストをみると、なんだか見慣れない封筒がはいっていました。えっ、なんか払い忘れがあったっけ??? と思いながら、恐る恐る開けると、青い手帳のようなものがはいっていました。

銀行口座は最近開設していないし、何だろうと思い、手帳に書いてある4つの漢字をよんでみると・・・なんと、年金手帳だったのです!びっくりしました!だって、申し込みなどなにもしていないのに、年金手帳が来たのですから!

日本へ来て、かれこれ20年ほどたちますが、これで私もようやく、この日本に骨を埋めることができるのですね。

65歳、いやはや70歳で年金を受け取ることができるよう、いまから、誠心誠意、年金をお支払いたしまします!!!  がんばるぞ!!!

 

 

D-Man’s Diary 5 Dec 2017: Father Christmas

今日はとても寒かったですね。クリスマスのムードも随分盛り上がってきましたね。

サンタさんももうすぐ来ますね。今頃は、子供たちのおもちゃの準備で、きっと大忙しなのでしょうね。

ところで、イギリス人は、サンタさん、とは呼ばないのですね。イギリスでは、いわゆる、あの太って、白いひげを生やし、赤い服を着て、白い大きな袋を持って、クリスマスイブにトナカイに乗って、世界中の子供たちに、プレゼントを渡しに行く、あの、おじいさんは、なんと、サンタではなく、Father Christmasというのです。

イギリスやアイルランドでは、カトリックの牧師さんのことを、Father とよびます。おそらくそこから発祥しているのでしょうか?イギリスの子供たちは、サンタクロースではなく、ファーザー・クリスマスと言っているのです。

日本では、サンタさんの名前が、超有名すぎて、Father Christmasはあまり知られていませんね。

D-Man’s Diary: 2 Dec 2017: 上空のヘリコプター

数日前から、上空にヘリコプターが旋回しているのですが、なんだか気になりますね。先日、携帯電話に北朝鮮ミサイルの警告が配信されていましたが、その影響なのでしょうか?それとも、近々に行われる、福岡マラソンのためでしょうか?

上空のヘリコプターの音を聞くと、私が大学生の時に聞いた上空のヘリコプターの音を思い出します。当時私は、学年末試験の勉強中で、普段あまり勉強してないもんですから、徹夜で勉強していたのですね。その夜中中にずっとヘリコプターの音がしていたので、なんでだろうなあ、と珍しく思っていました。

ロンドンは、ヒースローやガトウィック空港が郊外にあり、福岡の様に通常上空に飛行機を見ることはあまりないのです。イギリス人は、非常に公害に対してはうるさいので、夜中に飛行機の音などはするわけがないのです。

翌朝新聞を見ると、やはりIRAが我が大学の経済学部(LSE)を爆破していたのですね。びっくりしました。

ですので、今でも上空のヘリコプターの音を聞くと、爆破されるのでは!という、トラウマが残っているのですね。

 

D-Man’s Diary: 30 Nov 2017 Christmas Cake or Christmas Pudding

明日からもう師走ですね。一年が経つのは、本当に速いものです。

12月になれば、イギリスではもうクリスマスムードでいっぱいになります。日本でも、そろそろデパートやお気に入りのケーキ屋さんで、クリスマスケーキの注文を始める頃でしょう。

わたしが初めて日本に来て、びっくりしたことは、日本の方は、クリスマスにクリスマスケーキを食べることです。チョコレートや、イチゴなどがのった、とってもゴージャスな、美しいケーキがどんなお店にもおいてあり、本当にかわいらしいです。

実は、イギリス人は、日本で言うクリスマスケーキを食べないのです。イギリス人は、クリスマスには、クリスマス・プディングを食べます。クリスマス・プディングとは、日本の可愛らしいケーキとは、全くちがい、一見、チョコレートの塊のように見えます。

イギリスのクリスマス・プディングは、スポンジケーキと生クリームではなく、たくさんのドライフルーツや、お酒などが入った具を、ボールの中に入れて、ある期間保存して作ります。食べてみると、たくさんの具が崩れ、ちょっとボロッとなります。長期間保存がきくので、電子レンジで温めなおしてもいいです。洋酒などをかけて、火をつけてロワイヤル風に食べる場合もあります。

ことしも、オンラインで1つ注文しようかな、と考えていますが、個人的には、日本のクリスマスケーキの方が、おいしいですね・・・!

D-Man’s Diary: 28 Nov 2017 スペースワールド

先日のブログでも申した通り、わたしは無類のテーマパーク好きなのですね。

22年前に、福岡へきて、すぐにスペースワールドへいきました。あの、スペースシャトルを見たときは、本物かとおもいましたよ。それを機に、年に数回は足を運んでいます。

いちばんピーク時には、おこずかいをはたいて、年間パスも持っていました。当時、私のコレクションは、あらゆるテーマパークの年間パスを所有することだったのですが、中でも、スペースワールドは、格別に安くて、非常に手に入れやすかったですね。ちなみに私のパスは、ヘンドリックスでした。

スペースワールドは、絶叫系のライドが多いですが、私が一番すきなのは、やはりザターンでしょうか?ザターンの乗り場へいくと、ストレスの多い方には最高です!のような、キャッチフレーズが書いてあるのです。わたしは、ストレスになることは一切しないわりには、ストレスをためやすいタイプですので、持って付けだなあ!と思っていたのですね。バッグをコインロッカーに預けることには、もうワクワク感でいっぱいですね。

そんな、スペースワールドもあと一か月で幕を下ろしますね。ファンとしては、非常に残念でたまりません。ちょっと、物淋しいときに、スペワいこうか!と言えなくなってしまうのですね。

また、別の星でお会いしましょうね。