D-Man’s Dairy: 11 Jan 18, One More Try…

今日の朝、当スクールのfacebookを開くと、おめでとう1周年!みたいな、広告がポストしてあったので、よく見ると、去年に私の大好きなGeorge Michaelが亡くなった時にポストした、動画だったのですね。なつかしいなあ、とおもい、またGeorge Michaelのことも忙しさにかまけて、ちょこっと忘れてしまっていたので、(一昨年のクリスマス!あれだけ泣いたのに!!)その動画をシェアして、再度見ておりました。

やっぱ、ジョージ・マイケルはかっこいいなあ!とくに、One More Tryは何度聞いても泣きます!このビデオは、比較的最近のバージョンなので、ちょっと変えて歌っていますが、やはり、オリジナルバージョンが一番よいですね。

ジョージマイケルは、北ロンドンの出身で、ハムステッドヒース近くが実家だそうです。この歌は、丘の上(ハムステッドヒース)出身の一青年の気持ちを描いた曲です。ハウステッドヒースやハムステッドは、お金持ちなどが住む場所としても有名なのですよ。自分のことを、town boyとも呼んでいますね。

イギリスでは、ロンドンのことをtownといい、町ではなく、街を示します。ですので、town boyとは、都会育ちの男の子、という意味なのですね。

日本語のイメージとは、少し違いますよ!

D-Man’s Diary: 10 Jan 2018 Blizzard

本日の福岡地方は、本当に大荒れの天気でしたね。

嵐といいますか、吹雪といいますか・・

ちなみに、英語ではBlizzardといいます。なんか、スキー場のような天気でしたね。

イギリス、特にロンドンを含む南部地方では、実はあまり雪は降りません。

北極側からくる風が吹くときは、凍えるように寒いのですが、スペインや南側から風もくるので、実は雪が降ることはあまりありません。北海道で降る様な積る雪ではなく、水気を多く含んだべちょっとした雪は時折降ります。

ただ、寒さだけは、人一倍ですね。日本で言う冬のような気候は、8月下旬ごろから始まり、5月から6月までつづきます。

20年前に、初めて福岡に来た際は、10月だったのですが、さすがに関西空港に降り立った際、オーバーコートを着ていたのは私だけでした((´∀`))

最近の異常気象のせいか、福岡でもへんな天気が続いていますね。

D-Man’s Diary: 9 Jan 2018 12th Night

新年あけましておめでとうございます!

今年の初詣は、新年ぴったりに護国神社へお参りしてまりました!

犬の形のかわいい犬みくじも買い、なんと大吉!!!! \(^_^)/

本日のお話は、シェークスピアの作品の一つでもある、12夜 (12th Night) についてですが、イギリスでは、クリスマス(12月25日)から12日間は、クリスマス祭がつづきまして、12夜があける1月5日までクリスマスをお祝いいたします。ですので、手っ取り早く言いますと、1月5日にクリスマス・ツリーやドアのリースなどをかたずけなければなりません。

日本の雛飾りのようですね。あまり、長く飾ってはいけませんので、1月5日には、すべての飾りをかたずけます。

日本でも、連休が明け、今日から通常通りになってしまいましたね。待ちに待っていたお正月ももう終わりですね。