D-Man’s Diary: 12 Dec 2017 英国国教会とカンタベリー

イギリスの宗教は英国国教会といい、プロテスタントのひとつです。わたくしも、もちろん英国国教会です。いちおう、英国人ですからね。

でもイギリス人の宗教は、日本人の神道や仏教の様に、まあ、冠婚葬祭の時だけ、大活躍しますけどね。

中世の英国王ヘンリー8世が離婚がしたくて、当時のカトリックに反発し、自分の為の宗教としてつくったものが、英国国教会である、という話は、有名ですね。

英国国教会の本願寺は、ウェストミンスター寺院のような気がするのですが、実は、カンタベリー大聖堂なのですね。ですので、英国国教会の一番のトップの方は、カンタベリー大主教(vicar)なのですね。カンタベリーはロンドン郊外のケントという町にあります。

ちなみに、このカンタベリー大聖堂には、十字軍で活躍したブラックプリンスのお墓もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です