D-Man’s Diary: 27 Feb 2018- One at a time…

イギリス人は、よくOne at a timeという言葉を使います。

どのような意味かというと、文字のごとく、一度に一つのことをしましょう!という意味なのです。そのように言うと、テレビを見ながら、ご飯をたべる、とか、新聞をもってトイレに入る… のような、ながら~の様に聞こえるのですが、実はそのような意味ではなく、もっと深い意味があります。

ひとは時折、将来のことを考えると、なんだか不安になったりしますよね。このままでいくと、いったい1年後や10年後はどうなっているのだろう…などと。とくに、プチ挫折などをした場合は、ぞっとすることがありますね。

One at a timeというのは、一度にたくさんのことを考えて、あれこれと先行きを考えるのではなく、今日できる事を一つずつこなしていこう、という意味なのです。ですので、将来のために、いまからたくさんの事をしておこう。というよりは、今日を生きる、ということの方が大事、という意味です。今日のことだけを考えて、今日やるべきことをひとつだけやる。そして、明日は、今日より少しだけアップし、またその日にできる事を一つだけやる。そうすれば、将来、それが大きくなる、ということなのです。

語学を修得することも、One at a time! なのです。

それにしても、明日は、春の嵐が来るそうです。今のうちに、自転車かたずけとこっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です