D-Man’s diary: 16/March/2018 Graduation

早いもので、3月も半ばになりましたね。

幼稚園や小学校、中学校、高校でも卒業式が行われていることでしょう。

大学に関して言いますと、日本ではもちろん卒業というと3月ですが、イギリスでは、7月もしくは8月に行われます。学校の始まりは、皆さまご存知のように9月から始まり、終わりは6月中旬で終了です。その後、卒業試験(Final Exam)の発表などがあり、卒業式は暑いなかで行われます。修士の場合は、9月15日までに卒論(dessertation)を提出することになりますので、卒業式は12月に行われます。日本の様に、統一されてはいないのですね。

中高生もそうですが、卒業時の成績はすべてスコア化されます。中高生ですと、A,B,C,D そしてF(fail)となり、大学ですとFirst, Second, 2-2, Third, Passの様に、卒業したよ!だけではなく、さらに点数がつけられます。このスコアは、進学、就職などには、とても大きく影響するのですよ!ぞっ!

ですので、イギリスでは入学式よりも、卒業式の方がずっとずっと難しく、かつ価値があるのです!日本では卒業式というのは、友人やお世話になった先生方に別れを告げる、ちょこっと寂しいセレモニーですね。ところが、イギリス人の卒業式では、みんなうれしいのです。なぜならば、もう勉強しなくていいですからね。

なので、卒業の写真などみると、みんな喜んでいるでしょう?