Christmas must be something more…

いよいよクリスマスがやってまいります!

本日は、Taylor SwiftさんのChristmas Must Be Somthing Moreという曲をご紹介いたしますよ。このsomthing ということば!日本語に直訳すると、なにか・・・と学校で習いましたね。もちろん何かと意味で使われることが多いのですが・・・例えば、something new 新しい何か・・(I want something new !) や、somthing to drink (飲めるための何かー飲み物)( Would you like something to drink? )のように・・

しかし、something には他の意味もあります。それは、特別なもの!と意味なのです!You are something. というのは、あなたは何か・・・という意味ではなく、You are special.という意味になるのですね。また、This is something special!という言い方もできますよ。

このテイラー・スイフトさんの楽曲はChristmas must be somethingn more.ですので、もっと何か・・・ではなく、クリスマスはもっとすごいもの!という意味になります。

 

 

Another One Bites the Dust!

先日、フレディ・マーキュリーの映画、Bohemian Rhapsody が公開されましたが、とても素晴らしい映画でしたね!Rami Malek 演じるフレディは、フレディ本人そっくりでした。思わず、Queenを思い出し( ;∀;)涙しながら見たのでした・・・

映画の中でも、たくさんのQueen のヒット曲を聴けて、本当に懐かしく感じました。なかでも、ベースのJohn Deaconさんが作ったAnother one bites the dustもまた有名な曲の一つですね。Another one bites the dust. とは、ちょっと変わった言い回しですね。

直訳すると、また誰かが誇りを噛んだ!という意味になるのですが、これは、失敗した、や、死んでしまったという意味になるのです。最近では、Iron Man などのヒーローものなどのバックグランドにも使用されていますね。

また、Bite the bullet という言い回しもありますよ。bite the bullet は銃の弾を噛むとかいて、じっとこらえる!という意味になるのです。